昆虫マットのほぐし方 〜マットの菌糸が目立ってきたら〜


使用する前にマットをほぐす事は、大事な下準備です。
菌糸が目立っていなくても、ほぐして良い状態のマットを作りましょう。

※マットを触るときは手をよく洗って下さい。手に付いた雑菌がマットの中で繁殖し、
 幼虫や昆虫に被害がある場合があります。(ビニール手袋なども有効です。)



育成マット(菌糸が繁殖しています。) 育成マット(菌糸が繁殖しています。) 育成マット(中身)




暖かく湿気の多い場所で保管した、育成マットです。
袋の上からでも菌糸が繁殖しているのがわかります。
開いてみると、表面に白くカビ状に菌糸が良く広がっています。

見た目はちょっとドキッとしますが、これが幼虫の大好物。









【1】
表面と内部のマットが混ざるように
揉みこみます。




【2】
かたまりを砕いたり、中の状態なども
この時に調べながら混ぜていきます。
(※粗い木屑も幼虫の餌になります。)



【3】
シッカリ混ぜ込んで
均一になるようにすり込みます。




【4】
菌糸たっぷりの育成マットの完成です!!
あの白い菌糸は均一に混ざって
見た目にも解らなくなりました。








ほぐす前 ほぐした後

◆ほぐす前◆

表面が白っぽく、全体もムラがあって
少し硬め。菌糸の状態もマチマチで、
ホコリのようにふわっとした部分や、
根っこのようにマットに
這っている部分があります。

◆ほぐした後◆

全体が均一で幼虫も這い回りやすく、

中には良く育った菌糸がタップリと
含まれていて、揉みほぐしによって
新鮮な空気も含まれています。



グレー点線画像

ひとつ戻る